ねずみ小僧のお墓が受験生に人気!?

鼠小僧

1月13日のワールドビジネスサテライト(TV東京系列)で、ねずみ小僧の墓が人を集めているということを知った。

場所は、東京墨田区、両国にある、回向院

ねずみ小僧こと、中村次郎吉は、江戸時代の後期に大名屋敷を専門に荒らした泥棒で、盗んだお金を庶民に分け与えた義賊として知られる。
もともとは、ねずみ小僧のお墓を削って身につけていると金運がアップするとして有名になったそう。

それが今や、「狭い門でもするっとすり抜ける」という点と、戒名にある「教覚速善」という文字が、教えを速く善く覚えると読めることから、受験に効くと広まったそう。

nezumi_02

お墓そのものを削られてしまっては困るから、お墓の前に「お前立ち」という削るための墓石が用意されており、それを削るようになっている。
なお、回向院には、削った墓石の破片を入れるためのお守りも売られているとのことだ。